名古屋 にあるoppaipabuについて

oppaipabu(おっパブ)とは、おっぱいパブの略で

別名セクキャバ(セクシーキャバクラ)、ランパブとも言います。

oppaipabuとキャバクラの違いを説明しましょう。

まずは、キャバクラについて。

wikipediaからの引用です。

キャバクラ嬢が隣に座り、接待してくれます。

通常のキャバクラでは性的な愛撫などは禁止されています。

ハウスボトル(ブランデーウイスキー焼酎等)は飲み放題であることが多い。

料金は時間制でのセット料金である。他に指名料、キャスト(キャバ嬢のこと)ドリンク等が発生する。

店舗によっては「テーブルチャージ・税金・サービス料」等として520%程度割増となることがある。延長確認の有無は店舗によって異なる。

また店外デートについては「同伴」出勤や店の閉店後にキャバクラ嬢と客で酒などを飲みに行ったりカラオケに行ったりする「アフター」がある。同伴出勤の回数はキャバクラ嬢の給与体系の中に組み込まれており、同伴回数にノルマを設けている店なども存在する。また同伴回数と指名(本指名・場内指名)本数やドリンクの売り上げ等は給与にインセンティブとして上乗せされる。客の指名が被った場合には一方の客に指名以外のキャストが付くが、これをヘルプという。どの客にどのキャストを付けるかといったことも重要なホール業務となってくる。

ポイントは、お触りは基本的に禁止ということ。

しかし、普通の飲食店ではないことはお店の経営者並びにキャバ嬢も

わかっていますから、お客様からのエロ発言はスルーせず、

そんな男性客の隣に座ってちゃんと応対します。

そう、接待のことですね。

気分良くさせて、その接待料金としてキャバ嬢自身が飲むお酒代として売り上げて行くのがキャバ嬢の仕事です。

男性客は既に、自分が飲む酒代・席料金・指名料の他に

キャスト(キャバ嬢)が飲むお酒代も払うのです。

そして、oppaipabuについて。

oppaipabuとは、女性接客係が男性客の座るソファーの横で接待し、飲食および体に触らせるサービス(以下、セクシーサービスという)を提供している飲食店。略してセクパブ。

キャバクラと違って、お触りはOKなところ。

一見、oppaipabuの方がキャバクラより高いと思うかも知れませんが

そんなことはありません。

キャバクラは男性客の心を掴むことに重きを置いている、

つまり、疑似恋愛を売っているので体へのお触りがなくても

男性特有の征服欲を刺激して「もしかたら、彼女にできるかも」と錯覚させる

ので、そのキャバクラの力量によってはoppaipabuよりもキャバクラの方が

高く付くのです。

疑似恋愛ではなく興奮したいというのであれば、

名古屋にはoppaipabuのお店が、特に栄の錦にあるので

遊びに行ってみると楽しいですよ。

名古屋でリスク無く神待ち女の子とSEXする方法

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>